最新・最強のEMS腹筋ベルト「SIXPAD(シックスパッド)」

たるんだお腹・脇腹を引き締め<br/>最新・最強の腹筋ベルト

MENU

最新・最強のEMSマシン「SIXPAD」

sixpad

2015年7月に、最強のEMSマシンが登場しました。それが「SIXPAD(シックスパッド)」です。

 

世界最高峰のEMS理論のもとづく「一番効率よく筋肉トレーニングできる周波数20Hz」を採用。

 

世界1フットボーラーであるクリスティアーノ・ロナウド選手が開発段階から携わり、C.ロナウドのトレーニング理論を融合させた、最新・最強のEMSマシーンです。

 

「腹筋ベルト」タイプでなく、EMS機器本体を鍛えたい部分に貼るだけ。非常に薄く、柔軟性に優れているので、ピッタリとフィットします。サポートベルトも付いているので、「はがれ落ち」を心配する方にも安心です。

 

トレーニング効果が現れやすい

EMSトレーニングの効果

「SIXPAD」は、「速筋」に効率よくアプローチできるのが大きな特徴。「速筋」は発達しやすいので、トレーニングの効果が現れやすいのです。

 

さらに、この「速筋」を鍛えることが、筋肉量を増やし、基礎代謝を高め、引き締まった体を作るのに効果的なのです。

 

一方で「速筋」は、大きな負荷をかけないと鍛えられません。通常のウェイト・トレーニングでは、最大筋力の75%ほどの負荷をかけないといけないとされています。

 

それに対して、EMSなら20%ほどの小さい負荷で鍛えられるといわれます。

 

「SIXPAD」なら、キツイ「筋トレ」をしなくても、「速筋」を効率よく刺激できるので、見た目の変化を実感しやすいのです。

 

EMSが筋肉を効率よく刺激

「SIXPAD」の周波数は20Hz。生理学的に、最も効率よく筋肉を刺激できる周波数です。しかも、低周波特有のピリピリした痛みも感じないように、独自のCMMパルスを開発。

 

これによって、

  • 周波数が30Hzを超えると筋肉がすぐに疲労して、トレーニング効果が望めない。
  • 周波数が20Hzだと筋肉を効率よく鍛えられるが、低周波特有のピリピリした痛みがある。

といった、従来からの課題をクリアしています。

 

「SIXPAD」は、インナーマッスルを刺激する周波数の高いEMSマシンと違って、「速筋」にアプローチします。「結果を早く出したい」という方におすすめのEMSマシンです。

 

シックスパッド

 

もっとも効率的にトレーニングできるEMS周波数は20Hz!

電気生理学的には、「20Hz前後の電気刺激が、もっとも有効な筋収縮が起きる」ということが分かっています。

 

これは、京都大学大学院・人間環境学研究科の森谷敏夫教授が、1985年に導き出したもの。森谷教授は、電気生理学・スポーツ医学の権威で、EMS理論の世界最高峰を築いた先生です。

 

従来のEMS機器は周波数が高すぎた

従来の一般的なEMS腹筋ベルトの多くは、周波数50〜100Hz程度。実は、これでは「周波数が高すぎる」と、森谷教授は話しています。

 

例えば60Hzだと、1秒間に60回の電気刺激を筋肉に与えることになります。生理学的に「理想的な周波数」とされる20Hzの3倍の速さで筋収縮が起きます。

 

電気刺激によって、筋肉は「収縮」と「弛緩」を繰り返します。その時にエネルギーを使います。

 

ところが、30Hzをこすような周波数だと、筋肉は正常に収縮と弛緩ができません。筋肉は動いてはいますが、ブルブルっと踊るだけ。筋肉が収縮→弛緩→収縮を繰り返すとき、弛緩する時間もなく収縮が起きるからです。

 

筋肉が正常に収縮と弛緩をできなければ、いくら運動してもダメ。筋肉を強く太くしたり、エネルギーを使って持久力を付けたりすることはできません。

 

また、筋収縮が生理学的限度を超えて繰り返されると、その速さに筋肉がついて行けず、筋肉疲労を起こしやすいのです。

 

EMS周波数は20Hzがベスト

周波数が20Hz前後、つまり、1秒間に20回程度の刺激であれば、生理学的に起こり得る筋収縮なので、正常に「収縮」と「弛緩」を続けることができるのです。つまり、効率的・効果的に筋肉トレーニングができるというわけです。

 

実際の研究で、周波数が20Hz程度であれば、継続して効果的なトレーニングを行えることや、より多く筋肉の酸素が消費され、運動効果が高いという結果が出ています。

 

個人差はありますが、8週間で、腹部の筋肉量や脚部・腕部の筋厚が10%前後増加したことが実証されています。

 

低周波のピリピリ感を解決

周波数20Hz前後が最もトレーニング効果を見込めることが分かっているのなら、「なぜ、今まで20HzのEMSトレーニング機器がなかったのか?」というと、製品化する上で技術的な課題があったからです。

 

低周波EMSには、低周波特有のピリピリした痛みがあります。これまでは、その技術的課題をクリアできず、20HzのEMSトレーニング機器の製品化ができなかったのです。

 

この技術上の課題を独自の波形(CMMパルス)の開発に成功し、クリアしたのが「SIXPAD(シックスパッド)」です。

 

もっと強く、美しいボディへ

SIXPAD(シックスパッド)は、運動医科学研究から導き出された、もっとも効率よく筋肉トレーニングができるEMSマシンです。

  • 速筋を効果的に刺激できるので、変化を実感しやすい。
  • 脂肪を燃焼しやすい体を作れる。
  • スリムな「ウェストライン」を手に入れられる。
  • 「二の腕」や「太もも」など気になる部分をピンポイントで鍛えられる。
  • 薄型軽量・コードレスなので「ながらトレーニング」ができる。

 

最先端のEMS理論に基づき、C.ロナウド選手のトレーニング理論を融合した「SIXPAD」を、あなたも試してみませんか?

SIXPAD(シックスパッド)公式ページをチェック↓

シックスパッド

 

※ 個人の感想で、効果を保証するものではありません。

 

あわせて読まれているページ